第1回【姿勢回復整体 研修会】開催報告/テーマ:検査法・指と頭蓋骨の連動について

こんにちは、いとー健向院です。
当院では、整体の技術が学べる勉強会「姿勢回復整体 研修会」を開催しています。
院長伊藤輝夫が、整体師として35年間かけてまとめ上げた理論と技術です。
第1回は、2021年5月23日に開催しました。

 

第1回 テーマと内容

【テーマ】
検査法・指と頭蓋骨の連動について

【内容】
1 検査法 2種
2 指と頭蓋骨の連動について

 

内容の一部をご紹介します

 

よく行われている「バンザイ検査」について

院長の言葉より
「症状を改善するには、筋肉の調整が大事。その筋肉のどちら側が固いか柔らかいか。それを調べるにはどうしたらいいか。普通は、バンザイ検査が行われている。手をバンザイしたり、足を曲げてみたり、そうやって検査をしている。これは、とっても難しい。例えば、50肩の人は絶対手は上がらない。検査ができない。私はこういう検査にずっと疑問を持っていた。膝が痛いと、曲げさせてくれない。これでは検査にならない。どうやって検査をしたら良いかずっと考えて、私は触る方法を見つけた。どちら筋肉が固いか、柔らかいかを触るだけ。触って自分の手の感覚を磨くこと。それによって、どちらの筋肉が緊張しているかを判断する。」

 

この後、実際に実技として、一般的に行われている「バンザイ検査」を行いました。

 

続いて、院長が行っている「いとー式さすり療法」ではどのような検査を行っているかの説明と、実技を行いました。

膝を触って、スムーズに動く方向を探します。これには手の感覚が重要になります。この後、参加者それぞれが練習台になりながら、実技を学ぶ場面もありました。

 

以上、ここでお伝えしたのはほんの一部になりますが、研修会の様子のご報告でした。

 

当院の「姿勢回復整体 研修会」にご興味がある方は、以下のページから詳細をご覧ください

いとー健向院

〒444-0905愛知県岡崎市宇頭町東山1-79